MacにSproutCoreをインストール

AppleのMobileMeで使われているフレームワークということで一時期評判になっていたSproutCore。どんなフレームワークなのか興味があったので、Macにインストールしてみました。
* sproutというのは「芽が出る」といった意味。

インストール

インストールは gem でやります。JavaScriptフレームワークなんですが、土台にRubyが使われているためですね。
最初いきなりsproutcoreをインストールしようとしたのですがエラーになってしまいました。結局、gem自体をアップデートするとちゃんとインストールできました。

$ sudo gem update --system
$ sudo gem install sproutcore

動作確認

RubyによるHTTPサーバ実装であるmongrelを使って、簡単に動作確認することができます。

$ cd ~
$ sc-init my_app
$ cd my_app
$ sc-server

(注意) 以前は環境を作るときには sproutcore コマンドを使っていたのですが、今後は sc-init になるそうです。

ブラウザでにアクセスすると、次のように表示されます。この時点では実行時に動的にページ、スクリプト生成をしているようで、ログメッセージが大量に出て、動作も遅いです。

SproutCore

次に、mongrelではなくて、Mac OS X標準搭載のApacheで動かしてみます。
sc-buildを使うと、HTMLやJavaScriptを吐き出してくれます。これをHTTPサーバ環境にコピーするだけで、任意のHTTPサーバで動かすことができます。

$ sc-build
$ cp -r tmp/build/ /Library/WebServer/Documents/

ブラウザでにアクセスすると、先ほどと同じように動きます。ちょっと早くなった気がします。

まとめ

以上、Mac OS Xのローカル環境にSproutCoreをインストールすることができました。あまりはやっていなくて情報も少ないのですが、ぼちぼちいじっていきたいと思います。

参考

SproutCoreのドキュメントを翻訳されている方がいらっしゃいます。参考にさせて頂きました。