『空の中』

有川浩さんの『空の中』を読みました。

有川浩さんの作品では『図書館戦争』シリーズを読んだことがあり、軽快なストーリーが印象的でした。

この作品は、ETや未知との遭遇を彷彿とさせるような、スケールの大きなファンタジーに仕上がっています。特に物語のはじまりににあるいくつかのエピソードから、この先どうなるのかと引き込まれてしまいました。キャラも頭に絵が浮かぶくらい立っていて、まるで映像をみているように読むことができました。ライトノベル的ではあるのですが、なかなか深いお話で、あとがきにあるように編集者がハードカバーで出したかったのもわかる気がします。
ファンタジー好きなら楽しめると思います。